車査定 交渉

愛車を車査定してもらうなら?
できるだけ高く売却したいですね?


で、そのために肝になるのが3点
1、できるだけ多くの車買取店に査定を依頼する
※大手だけでなく、地元の車買取店

最終的に交渉を行うと
資金力の差で、大手の車買取店が
最高値を出す可能性が高いと
シュミレーションできますが

交渉という目線では?
地元の車買取店の査定額があるからこそ
より高値への交渉が可能と言えるでしょう。

下記にて、
おすすめの
車一括査定をランキングで紹介
してますので
ご参考頂ければと思います。

車査定シュミレーション

2、希望額を言わない

車買取店はいくらなら?
「売却してもらえるか?」
聞いてくるとシュミレーションできます。

ここではあえて希望額は言わないで
ひとまず、言われた車査定額をメモするのみ
が良いでしょう。

3、即決しない
※交渉は車査定が終わってから電話で。

実際に車査定を行うと
即決したい気持ちもわかります。
ですが、愛車を高く売却したい場合
ひとまず、保留にすべきでしょう。

実際に交渉を始めると?
最初の車査定の段階で
いくつか?脱落してきます。

仮に、10社に愛車を車査定を依頼した場合
3社もしくは4社ぐらいに
なっているとシュミレーションできます。

ここから、ようやく交渉開始となります。

仮に3社が残ったと
シュミレーションしましょう。

A社50万円
B社45万円
C社40万円

まずは、C社に電話します。
「他社が50万円と言っています・・・」

ここで、同額以上を引き出せれば
C社は交渉相手として残します。
ダメなら、B社に同様に連絡します。

上記を繰り返す形が望ましい交渉と言えるでしょう。

最終的には
限界まで来ると、2社で競る形になり
ようやく希望額を言える状況になります。

最後のひと押しで「〇〇万円ならそちらで決めます」
と一言。

実際にこの方法で
愛車の車査定額が30万円近くアップしました。

交渉は非常にシンプルかつ簡単です。
ただし、車買取店の営業マンも人間ですので
きちんと節度を持った電話対応を行い
交渉するのは重要でしょう。

あまりにも上から目線な
交渉をすると、
相手も取引したくない。

という気持ちになるでしょうし
頑張ろうという気が薄れてしまう
可能性が高いでしょう。

交渉はお互いに気持ち良く行う方が
スムーズに進む可能性が高いので
このあたりは注意したい点かもしれませんね。

上記のシュミレーションを参考に
愛車をできるだけ高く査定してくれる
車買取店に交渉されると良いかと思われます、

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。