車査定表

はじめて、愛車を売却される場合
車査定の当日にどのような流れか?
わからない方もいらっしゃると思うので
簡単にシュミレーションしておきましょう。

まず、車査定士がつける「車査定表」。
実際、どのような項目をチェックするのか?
主に状態(内装・外装)について
評価をつけるのが「車査定表」
と考えておいて良いでしょう。

車査定額
「車種」「年式」「走行距離」
そして、状態(内装・外装)。
※「装備」(社外品などのオプション)及びその他
決定されます。

車査定士の査定当日
簡単にシュミレーションすると?
当日「約15分~20分」程度で
「車査定表」につけていきます。

複数の車買取店にみてもらう場合
×社数の時間が掛かります。

主に、チェックするのが?
『内装』・『外装』になり
傷・汚れ・へこみなどの状態

車査定表」に書き込んでいきます。

一通りチェックした後
本部に査定額を算出するという流れとなります。

で、査定当日に行っておく事
それが『洗車』です。

実は、上記だけでOKです。
もし、愛車に
傷・汚れ・へこみなどがあっても
そのまままの方が良い
でしょう。
車検なども同様

事前に修理しても良いですが
車買取店が対応した方が安くなる場合が多く
修理代分が車査定アップに
つながる可能性が低いため。

それよりも『洗車』して
第1印象を上げた方が
高く査定してもらえる可能性が高い
です。


|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|